6次産業


「6次産業」とか、

「6次産業化」

はもはや耳慣れたワードではあると思うのですが、

ときどき改めて考えなおすことがあります。

で、人に聞いてみると意外と解釈が曖昧だったりします。

たとえば、

「1次産業+2次産業+3次産業=6次産業」という人と、

「1次産業×2次産業×3次産業=6次産業」という人がいるのです。

どっちが正しいのかわかりませんが、

どちらも計算式では「6」になるのがミソです。

で、ここからは個人的な意見ですが、

たぶん同じ6次産業でも、両方のパターンがあるのではないかと思います。

そしてこれが「+」なのか「×」なのかが、

すごく大事なことなんじゃないかと思うんです。

「6次産業」はなかなか強い言葉なので、

とらわれると思考停止してしまいます。

本質は何なのか??と考えると、、

これは付加価値を高めるための計算式で、

その「=〇〇」の部分をどれだけ大きくするかに、

本当の意味があるのではないでしょうか。

そう考えると、これが足し算の式なのか、

掛け算の式なのかは、最後の数字に大きく影響します。

例えば、

1次生産(農業)で、食べる人が喜ぶような新しい品種を導入したとします。

そうすると、「1次」のところでプラス1ポイントです。

足し算の式だと、

「1+2+3=6」が、

「2+2+3=7」になり、最終的な付加価値が1増えます。

これが掛け算の式だと、

「1×2×3=6」が、

「2×2×3=12」になり、付加価値が倍になります。

単純すぎる話ですが、

じゃあこれをどうやったら掛け算の式にできるのか、

というのはめちゃくちゃ泥臭い話のような気がしますw

農業の仕事で、何を目指すのかはホントに様々で、

付加価値を追い求めることが正しいわけではないですが、

ここを馬鹿正直に追いかけているのが、

今の僕たちなのかなと思います。


205回の閲覧

Address: 千葉県佐倉市坂戸

  • Facebook App Icon

Email: info.zairaifarm@allfarm.co.jp

Phone: 080-3061-8765

Fax: 043-332-9774